晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

ドイツ語の否定文が難しい!nicht kein の位置はどこ?

スポンサーリンク

 ドイツ語で否定文を話すときが、私にはとても難しいです。

 

基本的な勉強をしても、いざ自分で文を作って話すときに少しでも長文になると、あれ?どこに置けばいいんだっけ?この文ではnicht kein?と混乱します。

 

そもそも、この文法を勉強するときに定冠詞だと〇〇など、なんだか初心者には複雑な説明です。否定文を話すだけなので、こんなにも複雑なの?とドイツ語は本当に難しいと感じます。

 

ちなみに、私は初心者用の本を2冊持っていましたが、否定文の説明がないので、自分で調べたもので簡単にまとめてみようと思います。

 

【nicht】

動詞や形容詞の否定文に使われる。また、定冠詞(der)や所有冠詞(meinの名詞の否定文。

 (この定冠詞と所有冠詞の特定された冠詞に使われると書かれているのが余計に混乱しますね)

 

【kein】

不定冠詞(ein)の名詞を否定するとき、冠詞なしの名詞を否定文。

 

まずは【nicht】

 

ich esse nicht.

(私は食べない)

 

ich Tanze nicht.

(私は踊らない)

 

 

しかしこれを

ich  esse kein ice cream.

(私はアイスを食べない)

アイスという名詞一つのアイスeinが来ると、keinに代わります。

 

英語で考えてしまうと、

ich esse ice cream nicht.

I don't eat ice cream

と言ってしまいそうです・・・これは、keinを使うときのルールを理解していれば間違えなさそうです。

 

しかし、とっさに言うとき、間違える自信があります。(笑)基本、英語とドイツ語は似てはいるけど違うと思うので、別物と考えたほうがよさそうです。もうドイツ語の文法を勉強するときは英語は忘れましょう!

 

自分で書いていて混乱してきました。

ポイントとして下記ですかね。

 

・動詞が1つの場合は、最後にnichtを置く。

・前置詞がある時の動詞の否定はnichtを前置詞の前に置く。

・助動詞があると、nicht は文末の直前に置かれる。

 

動詞の否定でnichtを最後におくと、もう(絶対)~ない。というニュアンスになるみたいです。

 

Sie kommt heute nicht.                                                         

(彼女は今日来ない) 今日彼女から電話をもらったので確かな情報                                                        

sie kommt nicht heute.                                                          

(彼女は今日来ない。よたぶん)来ないって言っていたような?来れたら行くと言っていたけど、たぶんこないでしょ・・。

 

【kein】

keinは否定する名詞の前に置くのですが、動詞によって格が変化します。

 Hast du einen kegelschreiber?

(あなたはボールペンを持っている?)

ich habe keinen kugelschreiber.

(私はボールペンを持っていません)

 

 
kein の変化一覧につきましては、

 

男性名詞

女性名詞

中性名詞

複数名詞

1格

kein

keine

kein

keine

2格

keines

keiner

keines

keiner

3格

keinem

keiner

keinem

keinen

4格

keinen

keine

kein

keine

 

 となります。このルールに従って変化させてと、否定文がこんなにも大変だなんて!!使い慣れるしかないですかね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

万が一、間違った記載があった場合はコメントいただけますと幸いです。

しっかり学ぶ中級ドイツ語文法(CDなしバージョン)【電子書籍】[ 宍戸里佳 ]

価格:1,870円
(2020/9/20 02:13時点)
感想(0件)

ドイツ語初歩の初歩 聴ける!読める!書ける!話せる! [ 宮坂英一 ]

価格:1,430円
(2020/9/20 02:14時点)
感想(0件)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村