晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

ドイツ語の発音!地域によって全然違う?ゆっくり言ってくださいは何と言う?

スポンサーリンク

ドイツ語の発音は地域によってことなります。それは、日本でも同じですよね。

 

ドイツ語ではHochdeutschが標準語とされていますが、夫が言うにはもしも私が理解できなくて、Hochdeutschで話してくださいと言ったとしたら、それはすごく失礼だそうです。言うならゆっくり言ってくださいにしなよ。だそうです。

 

ゆっくり言ってくださいとか、もう一度言ってくださいってドイツ語ではバージョンがたくさんある気がします。

 

Können Sie bitte langsamer sprechen?  sagen も可

(ゆっくり話してください)

 

これ、たまに sprechen Sie ~ と言う人がいますが、ドイツ人に聞いたところ、それだと、ちょっと強制する感じに近いのでKönnen Sieを使ったほうがいいよ、とのことでした。確かに日本語で考えても

 

ゆっくり話してください

ゆっくり話してもらえますか

 

だと話してくださいは、人によってイラっとするかもしれないですね。

悪魔でもお願いの範囲なので・・・。

 

 

もう一度言ってくださいだと

Können Sie das bitte noch einmal sagen?

Können Sie bitte das noch einmal wiederholen?

 

などでしょうかね。

 

wie bitte?

も相手が言ったことが聞き取れなかったときに使いますがこれは、前提が聞こえなかったみたいな感じだと思うので相手も、もう一度同じスピードで言ってくれるだけなので初心者にはあまりおススメできないですね。でも、相手が言ったことが聞き取れなかった場合はこれを使う人が多いです。

 

※私は一度、先生にwas?と言って爆笑されたことがあります。

「何?」友達でもあるまいし、かなり失礼><

 

 話がズレました!!

 

なんとなくの感覚ですが、ドイツ人の考える標準語と日本人が考える標準語では違いがある気がします。

 

同じ南ドイツでも全然違います。Baden-Württembergとbayernは近いですが違います。でもまあ、慣れですよね。今やいろいろな地域から引っ越してきたりもするのでBayernに住んでいても他の地域のドイツ語を話す人もいるし、それぞれです。地域テレビを見ていると、ドラマのセリフで「え?」となって夫に今のドイツ語何?と聞いたりすることもあります。

 

いやはや、全く違う音に聞こえます。

 

とのことで、ドイツ語を覚えるだけでも精一杯なのに、地域によってまた言語が違うというカオスな状況ですが、人生どうにかなる!はずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 いろいろ調べていたら下記みつけました。読んでみたいけど、ドイツからわざわざ取り寄せるのもな・・・

 

ドイツ語発音・発話徹底ガイド [ 立川 睦美 ]

価格:2,200円
(2020/10/24 19:06時点)
感想(1件)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村