晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

ドイツ語でハンバーグは何という?日本と違うの?

スポンサーリンク

f:id:europalove:20210110234944j:plain


ハンバーグはドイツでもよく家庭で食べられる料理です。今日はそのハンバーグについて調べてみました。

 

ハンバーグ

ハンバーグの発祥は18世紀頃のドイツのハンブルクと言われています。驚くことにドイツでは呼び方が統一されていません。地域によって呼び方が違うのですね。

 

ハンバーグはドイツ語でなんと呼ぶ?

fleischküchle

frikadelle

Bulette

Grilletta

 

上記も頭にfleischと付けて呼ぶときと付けないときもあって、出身が違う人と話したらなんのこっちゃとならないのかな?と不思議です。

 

ドイツのハンバーグのレシピは?

レシピは、基本はあるけれど、これこそ家庭の味が出る料理だと思います。その人によって、その時によって、入れる物が違います。食べるときもソースを掛けて食べたり、そのまま食べたり、ケチャップをかけて食べたりと異なります。

 

もちろん、ひき肉・玉ねぎ・卵・パン粉やパン等基本となるものは変わりませんが、調味料はそれぞれのようです。

 

よく料理番組で使われている材料

・バジル(細かく切って)

・パセリ(細かく切って)

・パンを入れる場合は、牛乳も入れたり

・パプリカ粉を入れたり

・塩などの調味料は、本当に毎回違いますね。なんだ!今のは?というのもあります。

 

その人によって工夫して調理される料理です。先日テレビで観たときには、玉ねぎを炒めるときに、切ったパンと牛乳を入れて炒めて、冷ましてから肉とミックスさせていました。

 

ある意味、またハンバーグかとならないので、視聴率は毎回確保できそうです。(笑)

 

最後に

ハンバーグはドイツでもよく食べられて愛される料理ではありますが、私はあまりレストランでハンバーグを注文している人を見掛けない気がします。家でも気楽に作れるのでレストランではガッツリとステーキを頼むのかな?

 

ハンバーグを頼むよりは、ハンバーガーのほうが外では見かけるような?これも地域性があるかもしれません。

 

それでは、今日はここまででbis bald!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村