晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

ドイツでネズミ問題!追記!ようやく解決です。

スポンサーリンク

ネズミ問題、いやいや本当に大変でした。人生の中でこんなにたくさんのネズミと暮らすことはもうないことでしょう。(そう願います。)

 

結局、ネズミが我が家に大量襲撃してから、3週間後にようやくネズミ駆除業者がやってきました。そして、掃除しても掃除してもフンだらけの家の中をチェック、玄関近くの収納場所をチェックしたときに、「うあー。これは酷いね。ハムスターの小屋みたいな臭いだね!」とのことで、計10個の毒箱を仕掛けて帰られました。

 

「ここまで酷かったら、家賃下げてもらったら?」なんて企んだ笑顔。(笑)

 

最初の1週間はキッチンに新しく入ってきた子ネズミはチョロチョロ出没していましたが、1週間過ぎたくらいから、パッタリ音がしなくなりました。たまに、壁をひっかく音はまだしていましたが、それも業者が回収に来る少し前にピタッとやみました。たまにそうかな?という音はしていました。

 

毒箱をしかけて、2週間後に再度来てくれるとのことで

 

でも、考えてみたら、私がネズミを家の前でみかけて、地下に降りていくのをみてから1年近く、ネズミの出産回数を考えるとたぶん、30匹以上はいるかもですね。最初のちびっ子集団が襲撃してきてから、違う色の子ネズミが入ってきたりもしていたので

 

私たちが最初に訴えたときに、オーナーがすぐに業者を呼べばよかったのですが、ケチなオーナーはそれをせず・・1年放置したのだから、そりゃもう今更取り返しのつかないくらいの量になっていると推測できます。恐ろしい・・・。

 

結果、本当に初期段階の1.2匹であればネズミ捕りでも捕獲は可能でしょうが、増えてしまった場合は市販のものでは、何を試してもダメという結果でした。超音波?のは全く持って効果なしでした。むしろ、その音のせいで室内に移動してきたのではという勢いで家の中に室没しはじめました。安いやつだったのかな?

 

なので、もうネズミ駆除はやはり、専門業者にお任せするのが一番いいということがわかりました。

 

さて、ネズミ業者の回収日の話ですが、毒箱を開封して確認して、毒を入れ替えるという流れでしたが、7箱は食べた跡がありました。何匹中にいたのかと思うと恐ろしいです。しかも、その後どこで死ぬのでしょう・・・。推測の数字ですでに、何十匹もいるだろうということで、継続して1カ月ほど、毒箱を設置するらしいです。

 

※これ結局、8月からはじめて、12月まで設置することになったららしいです。3回目の回収日でも、まだたくさん食べられていました・・・。怖い。

 

オーナーは私たちとのトラブルを防ぎたいからか、ベランダに置いていたゴミ袋が原因でネズミが入ってきたのだと言ってきました。しかしながら、そのゴミはベランダで育てていたトマトがダメになってしまったので、ゴミ袋に入れていただけでしたし、そもそも外敵から身を守るために、家の中に住み着くのだからそれはなくない?と思っていたら、案の定、業者の人も外から登ってくるのではなく、地下から登ってくるのが普通とのこと。

 

そんなこと、子供でも知っていそうですが、私ははじめに、駆除会社の人が来た時に、家の部屋のみの設置と言っていたので、なんでだろうと思って旦那におかしくない?と言っていたのですが、今回、オーナー夫人がやってきて、作業中の業者の人に地下にも設置したいのだけど、と聞いていました。

 

もちろん、毒をいつもたくさん持ち歩いているはずもないので、それならば事前に予約しないと設置できないと断られていました。

 

今更?とかなり謎なご婦人。ネズミは羽ないし、外敵が多い外の壁を登る危険は冒さないと思うよ。と言いそうになりましたが・・・。

 

ところで、最後に、バスルームの大掃除をしようと洗濯機の横の棚を動かしたら、フンがたくさん出てきました。バスルームにもいたんだと思うと、人間知らなくていいことがあると思いました。そして、最後に、ここ1カ月間、毎日夢にネズミのフンが出てきてうなされています。ネズミ被害は精神的にもけっこうきますので、お早目の対応をお勧めします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。ネズミに関しての記載は今日で終わりになると思います。

 

 

 

 

るるぶドイツ ロマンチック街道(2021年版)【電子書籍】

価格:1,375円
(2020/9/2 22:43時点)
感想(0件)

ドイツで暮らそう [ 細川裕史 ]

価格:1,650円
(2020/9/2 22:44時点)
感想(0件)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村