晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

ドイツでビックリ入院したときの話!爆笑の数日間でした。【手術編】

スポンサーリンク

さて、いよいよ手術の日です。朝、なんとか、自分で説明をみながら浣腸しましたが、全くうまくいかず・・

そのことを、病院へ行ってから伝えました。

 

(今回の入院は5日間とのこと、結局は3泊4日でした。)

 

OKとのことで、まずは病室へ案内されました。いいんだ・・

これに、着替えてくれる?とのことで、手術着を渡されました。

 

f:id:europalove:20210528054038j:plain

 

 

病室には若い女性が横になっていました。

「ハロー」

どうやら、ドイツ人ではないらしい。

ルーマニアの方かな?

 

夫は男性なので、ちょっと躊躇しましたが、夫は気にしていないよう・・・。

 

手術着へ着替える

着替えてここに横になってとのことで、よくよく見ると、お尻丸見え衣装と、なんだか、すっごいキツイハイソックスを履くように言われました。パンツはガーゼのスキスキトランクスみたいなやつ。

 

段々緊張してきましたが、着替えて、トイレも済ませて、横になっていると、

「さあ。じゃあ、〇時に終わるから」

みたいなことを夫に言っている声が聞こえてきました。

 

夫が手を振っている。

 

いざ!手術室へ

私は横になったまま、運ばれていきます。

男性2人で、私のベッドをカラカラ運んでいく。

かなり不安!!

 

と着きました。

今度は女性2人が、なんだか質問してきます。

 

「朝は何か食べた?」

とのことで、

「いえ、でもコーヒー飲みました。」

と答えると

「え?コーヒー?」

と、なんだかざわざわ

 

え?コーヒー飲んでいいのだよね?と慌てる私

 

女性が奥に入って行って、そのことを確認している様子。

やっぱりOKだったみたいで・・安心⇒かなりビビっていた私(笑)

 

さてさてさて、今度は、また奥に運ばれます。

 

※ここまでの会話は全部、英語でした。

 

麻酔のお医者さんなのかな?

うんと、今度はどこか違う国の女性?東南アジアかな?

 

「あなた、どこから来たの?」

「日本の東京からきました」

「東京?私、いつか行ってみたいのよ」

 

と、こんな感じにリラックスさせてくれて、

「さて、1.2.3.と数えたら眠ってしまうわよ」

 

とのことで、気が付いたら

 

天井が、どこだろう?

 

すると、また知らない女性登場で

「気分は?」

「よく寝たと言う感じです」みたいな返事をしたかな?と記憶しています。

 

でも、とにかく眠くて、しばらくそこに放置されたのちに、病室へ運ばれました。

このときは、全く痛みもなくて、麻酔が効いていたのでしょうね。

 

そして、これから、私の爆笑の日々がはじまるのでした。

次回へつづく・・・・・

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村