晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚ですが ドイツ人とスピード結婚しました

晩婚!激貧!国際結婚、トラブル続きにも負けない日々のダイアリー

嫁いだのがドイツでよかったなと思ったこと

スポンサーリンク

今日は嫁いだのがドイツでよかったなと思うこと!

 

についてです。

私はメンドクサガリなので、ドイツに嫁いで良かったなと思うことも、横着者ならではのこととなるのですが、まとめてみました。

 

 

食事の支度にそれほど時間を使わなくてもいい!

f:id:europalove:20210730051659j:plain

ドイツにはKaltes Essen【カルテスエッセン】という物があります。

ハムやチーズをずらっとたくさん並べてパンと一緒に食べます。

日本語に訳すと冷たい食事です。

 

さすがに、家ではたまにですが、時間がないときや体調が悪い時には、本当に助かります。

 

あとは、ソーセージを焼いただけ、茹でただけでも料理になるのでそこも気に入っています。(笑)

 

姑がよくしているのが、休日になるとケーキを2種類ほど焼いて、散歩に行く前、行った後にお昼のように食べています。これも、作る側からするとかなり楽です。そもそもドイツの夕食は普通に作ると、どうしてもカロリーが高くなってしまうので、朝昼晩としっかり食べるとあっという間に、太ってしまうのでこの習慣は良いと思います。(ケーキも太りますけどね・・・)

 

掃除も洗濯も毎日しなくていい!

これは人によるかもしれませんが、ドイツは光熱費が安くないので、まとめてバッと洗う、お家が多いと思います。以前に地下に洗濯機置き場があったときも、そんなに度々洗っている人は見たことなかったと記憶しております。

 

掃除はおそらく、共働きが多いので、毎日は厳しいと言うことで掃除の日を決めて、徹底的に掃除すると聞きますが、義実家でも姑はバリバリ働いていましたので、毎週金曜日が掃除の日とのことで、私も何度か手伝ったことがあります。

 

お風呂がついている部屋がある

お風呂は日本人だとやはり、入りたくなりますよね。残念ながらドイツでも全てのアパートについているわけではないですが、バスタブがついているお部屋を選べば入浴することは可能です。ただ、水道代には要注意です。家賃に含まれているアパートであれば、毎日入ると後から水道代を請求される可能性があるので、契約書をしっかり読みましょう。

 

時間には正確!

この時間については、仕事や学校などですが、しっかり時間を守ります。約束についても決まった時間に行く人が多いですが、これは人によりますね。家の義弟は全然来ないです。(笑)1時間半は来ないと思って私たちも行動しています。

 

食品が安い!

これなかなり重要で助かります。ドイツは食品が安いです。バターや牛乳、ハム・肉全体的に安いです。ただ、外食やテイクアウトは安くないです。例えばマクドナルドでお昼を食べようとしてもそこそこします。

 

ドイツのスーパーには、スイスやオーストリアからも買いに来ます。安いですからね。毎日のことなので重要です。

 

アルコールが安い!

アルコールがドイツは本当に安いです!例えばスーパーや酒屋に行ってみると、種類がずらっと並んでおり、尚且つ安い安い!!ワインも安いです。ドイツはビールが有名ですが、ワインもたくさん作られており、ドイツワインは普通に美味しいです。ケミカルな物があまり入っていないと自慢しているドイツ人がいましたが、私は専門家ではないので本当かはわからないです。

 

病院の制度がいい!

こちらは、私個人的な経験となりますが、ドイツでは薬を簡単には出しません。なので、薬が出されたということは自然に治すことができないということなのですね。もちろん、痛くて耐えられないとか、どうしても薬が欲しければアルツ(街医者)に行ったときに言えば出してくれます。ただ、できるだけ自然に自分の免疫力で治す、またはお茶やハーブ、その他運動も含めてどうしたら、いいのかのアドバイスを貰えます。

 

なので風邪で病院に行っても、どうしても咳が止まらなくて眠れないなどの症状がない限りはお茶飲んで温かくして寝なさい。という感じです。ただ、運動が必要とされるとジムに無料で通えたり、マッサージが必要となれば、マッサージが無料で受けられたり、やはり高い保険料を毎月払うだけはあるなと感じます。

 

以前に私が書いた入院生活のときも、退院時に痛め止め貰えませんでした。

 

自然が多い!

ドイツは自然が多いです。ドイツ人は自然に囲まれて静かに過ごすことを好む傾向にあります。現在では移民受け入れもしているドイツでは、少し離れた田舎の方が安全で静かという雰囲気はあります。街中でギシギシで暮らすよりは、少し離れたところで大きなテラスに大きなアパートまたは家がいい!という考えかな?まあでもこれは、車大国ドイツだからできることだと思いますが・・・。

 

家は、私はドイツでは凍るか雪かで運転は無理とのことで今は街に住んでいます。ただ自分用の車を買ったらもしかしたら、またド田舎生活をするかもしれないです。

 

人が親切!

これはわりとそうだと思う。困っていると助けてくれる人が本当に多いです。物を取ってくれたり、(私小さいので)あとは、荷物持てなくて手伝ってくれたりもありました。親切な人たちがたくさんいるのと、ドイツ人はノリが良いと思うこともあります。オリンピックでも銅メダル取って帰ってきた選手に特大ビールでお出迎えしたり、入場のときも日本の旗も持っていましたね。

 

とのことで、思いつくことをまとめてみました。

それではciao!!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村